Q&A

Q&A

体力に自信がないのですが、大丈夫でしょうか?

もちろん、大丈夫です。
ピラティスには、筋肉を身体の中心から程よい力で鍛えていきながらも、ゆるめて伸ばしていくという要素があり、継続していくことで少しずつ体力や柔軟性がついていきます。グループレッスンについていけるかどうか不安な場合には、慣れるまでプライベートレッスンに参加することもおすすめしています。

ヨガとピラティス、どう違うのでしょうか?

ヨガは、心と身体を調和のとれた状態へと導く為に、ポーズ(アサナ)や呼吸によって身体を整えたり、瞑想などを行ったりします。自分の本来持っているものをいかに引き出すか、その為に自分の内側を見つめていくことを大切にしています。

一方のピラティスは、元々リハビリを目的として作られたエクササイズです。特徴的なのが、背骨や内臓などを支える体幹の筋肉のバランスを整え、上半身と下半身の繋がりを意識しながらトレーニングしていくこと。それによって、身体の中心軸がしっかりし、負担が少なく効率の良い動きをすることができるので、余計な力が抜け、しなやかで繊細な動きができるようになります。疲れにくい身体になったり、姿勢が良くなったりするのは、そういった理由からです。

プライベートレッスンとグループッレスン、どう違うのでしょうか?

体力に自信がない、運動経験があまりないのでついていけるか不安、ピラティスが全く初めて、という方にはプライベートレッスンをまずはおすすめしています。ピラティス特有の身体の使い方や呼吸法を知るには、1対1でインストラクターにしっかりと指導してもらう方が、グループレッスンに参加した際にも効果的にエクササイズをしていくことができます。

どのくらいの頻度で通うべきでしょうか?

まずは週1回、余裕があれば(特に最初は)週2回が効果が実感しやすいのでおすすめしています。

ピラティスで意識するインナーマッスルは、なかなか体感しにくいものです。1回のレッスンでも気持ち良さやすっきりとした感覚がありますが、レッスンの内容を頭と身体が記憶しているのはだいたい1週間程度という説もあります。エクササイズに慣れる為に、まずは週1回のレッスンをおすすめします。忘れないうちに復習することでどんどん身体が「インナーマッスルを意識した動き方」を学習し、お悩みだった腰痛や肩こりが改善していたり、気が付いたら疲れにくい身体になっていたり、というふうに、少しずつ変化していくでしょう。

一度、体験や見学をしたいのですが・・・。

レッスンの見学は基本的には行っておりません。体験レッスンをご希望の場合は、体験レッスン申込フォーム、またはLINE公式アカウント(@sugataaoyama)よりお問合せください。

予約方法を教えてください。

ご予約・レッスン内容についてのお問合せは、お電話(03-5414-1658)、または体験レッスン申込フォーム、LINE公式アカウント(@sugataaoyama)にて承ります。

託児サービスについて教えてください。

託児に慣れたスタッフが愛情と責任を持ってお預かりします。安全を第一に、1人のスタッフが原則として一度に最大2人までお預かりしております。託児ルームにはベビーベット、バウンサー、絵本、木製のおもちゃ、お絵かき用のクレヨン、DVDプレーヤー等がございます。お客様ご自身で、お子さんのお気に入りのおもちゃなどをお持ちいただいても結構です。

持ち物を教えてください。

動きやすい服装、靴下(滑り止め付き推奨)ハンドタオル、お水をご準備ください。専用マットは無料でご用意しております。シューズは必要ありません。