日本にピラティスが流行する前のこと パート②

クラシカルピラティスインストラクターのJUNです。
ピラティスが今のように流行する前のころのお話の続きを。。
パート①のお話はこちらから

私の最初のピラティスに関わる仕事は、ニューヨークから来た青い目のサラサラな金髪ヘアのモデルのような素敵なピラティスの先生のお世話をすることでした。日本に来るのは初めてで、まだ若い。日本語が喋れなかったので、全て私が通訳しました。住む場所への案内・仕事の説明・スタジオで行うプログラムに付き添っての補助・いつも側にいて何でもする。雑誌の取材、テレビの撮影もありました。芸能人が彼女からピラティスを体験する様を撮影する現場にも居合わせ、彼女をサポートしました。

そんな仕事をしているうちに、「あなたが彼女からピラティスを習って先生になりなさい」ある日、社長が私に声をかけました。まずはプライベートセッションを受け、その数を報告すること、自主練もすること。先生の指導を見学すること。

私は社長から言われたその日から、トレーナーの仕事の合間や仕事の後にマシンを用いたプライベートのピラティスを先生から受け続け、ジムの隅に置かれたリフォーマーに暇を見つけては乗り、自主練を続けました。ジムのスタジオで行うマットピラティスのクラスにも参加し通訳するうちに、私はいつの間にかピラティスの虜になっていました。
私は拾ってもらったのだ。これをものにしなくちゃ。最後のチャンスかもしれない。そんな気持ちでした。

ところがある日、アルバイトの私は除かれた、選ばれた社員へのピラティス研修がどうやら始まるという噂を聞いてびっくり。「どうして私がそのメンバーに入っていないのか!?」私は直接社長に電話で訴え、研修に入れてもらうことができました。こんなにも大胆になれたのは、後にも先にもありませんでした。

さて、私自身の話が長くなりましたが。。。。

当時勤めていた会社は、【NYで認定を受けた正式なインストラクターによる正統派ピラティスを日本で体験できる】ことを売り言葉に、器具を使ったプライベートセッションをスポーツジムに取り入れ、店舗展開していく計画を進めていた。

ところが急遽、社内でピラティスを指導できるインストラクターを育て、新しいスポーツ・ジムの店舗展開に合わせて、どんどんクラスを増やせるようにする方向へと路線変更した背景(=社員への研修を始めた)には、

他の大手スポーツクラブがピラティスの可能性にいち早く気づき、正式なインストラクターによるピラティスがどう正当なのかの区別なんて誰も知らない時期に、素早くスタジオで出来るマットクラスを導入し、新しい客層をつかんで成功していったことがある。社内で研修して、マットピラティスを教えられる先生を生み出していったのだ。それはピラティスなのか?!と私は疑問に思っていました。その頃のアメリカで、セレブの間でも流行っているピラティスと言えば、様々な器具を利用した1時間のプライベートのセッションであって、その形式をそのまま日本に広めたかった社長の構想は、長く時間のかかることだったために叶わないこととなった。

 

現在日本でピラティス、と言えばまずヨガのようにマットを敷いて、その上で行う運動だと誰もが思うようにしたのは、大手のスポーツジムがそう広めたからなのだ。

そうじゃないのに。と悔しい思いもかつてはあったが、ピラティスがこうして日本で知られるようになったのは、そういったスポーツジムのおかげだと今は思える。

最近では、海外でピラティスを学んだインストラクターも増え、質の良いワークショップも日本で受けられるようになるほど、ピラティスが日本に定着してきている。

そしてここ数年は、エルダー、第一世代ピラティス・ティーチャーと呼び方は様々あるが、いわゆるピラティス氏の直弟子だった貴重な存在を一人、また一人、失いました。
そういった中で、誰がエルダーで、誰が第一世代ティーチャーで、私はこの流派の者だとか・・・以前は気になっていたことも、もう今はどうでもよくなっていました。

ただ私はピラティスを学ぶチャンスを頂いただけ。

・・・・・・

社内研修を終え、都内にいくつも増えたスポーツジムでピラティスのクラスをしばらく担当し、また社内でなく、外部ジムで開催される指導者養成コースにも関わり、ピラティスを広めていくお手伝いをしました。

それからしばらく時が経ち、かつて社長が目指すようにと言ったピラティス・インストラクターになろうと決心して会社を辞めた。社長が日本に連れてきたインストラクターは皆、ニューヨークにスタジオを持つ、ロマーナ・クリザノウスカの養成コースを修了していたので、会社を辞めた後、すぐにコンタクトをとり、渡米、修行が始まった。私のピラティスへの道はこうして始まったのだった。

 

現在では、日本にいながらにして海外の素晴しいピラティス指導者から学ぶチャンスまである。イブ・ジェントリーの高齢者向けのエクササイズをZoomで学び、デボラ・レッスンのキューイングの素晴しさに舌を巻き、一言一句メモしたりできる(!)。ブルース・キングの残したエクササイズを本で学び、彼の21のルーティンを自粛期間中に毎日継続した中で学んだ事も多かった。コロナによって失われたものもあるが、逆に可能になったことも多い。

本当にピラティスを愛してきた指導者から教わってきた事は、言われて何年も経ってから腑に落ちることが多かった。

時を経て人から人へと伝えられてきたピラティス。
色々なことがあって私も今、ピラティスを伝え続けています。

ピラティスあるある・くびれ続編。肋骨切除について。

クラシカルピラティスインストラクターのJunです。

前回クビレについて書きましたが、続編です。

クビレは、ずーっと昔から女性の憧れ。コルセットでギューッと腰を絞って胸と腰とのギャップをアピール(笑) みんな頑張っていました。最近では、肋骨切除手術をしたんじゃない?!疑惑が女優、モデル、歌手の間でうわさされたり、と今も昔と変わりませんね。実際、整形外科では肋骨の切除手術は実際行われていて、日本ではまだまだ少ないケースかなと思いますが、海外では女優、モデルなどが肋骨を取り除いてクビレを手に入れている話はとりたてて騒ぐような話ではありません。

先の記事に加えて、またクビレの事を記事にしようと思ったのは、年末にアナトミートレインの著書であるトーマス・マイヤーズの呼吸に関する講義の中で、余談としてですが、肋骨切除手術の話が出たからです。12肋骨はなんと(いくつか説がありますが)14もの筋肉が付着しています。肋骨の切除は、骨を覆っている筋膜はそのままに、根元を折り、骨だけをスーっと膜から抜き取るそうです。なので、骨を身体から抜き取っても、抜け殻となって残された筋膜組織はそのままで、14の付着している筋肉も、そこに張り付いていることが出来ているんだ、ということを知りました。彼は身体にメスを入れる手術は、避けられるのなら避ける事を選ぶ方でしたので、肋骨切除手術の安全性をうたい、勧めているわけではなく、ただそのあまりに大切な12肋骨を切除したとして、その後も身体は機能していくのか?という疑問については、筋膜はそのまま残すので、大丈夫なようだという余談です。

さて、クビレ。そんなことまでしなくっても、ある程度クビレ、作れます!それぞれ骨格が違うので、その人なりのクビレが出来ますが。。。

要するに、肋骨の一番下の最もウエスト周りに近い12肋骨には、14もの筋肉がついていて、背中側の筋肉やら、肋骨から骨盤につながる筋肉やら、呼吸に関わる肋骨間に着く筋肉やら、体幹を支える腹筋群やら、そして横隔膜ですよ!ひしめき合っているんです。ウエストを細くする以上に、これら全てがしなやかである事は、超絶大切です。そこをしっかりケアして、動きやすさを取り戻し、呼吸もより深くし、プラスアルファーで、クビレもついてくる!

ピラティスのセッションを、ウエスト周りをフォーカスして始めたとしても、やっぱり全てはつながっています。結局全身を動かしてセッションを終えるのがピラティスのセッションだと思います。

ピラティス(のやればやるほど)あるある・くびれ編。

ピラティスあるある・くびれ編

クラシカルピラティスインストラクターのJunです。

ピラティスをかなり頑張ってやっている方や、むしろインストラクターに多い?あるある、かもしれないこの「くびれなくなる」問題。

私も実際に体験したこの「あるある」は、今までの人生で一番ピラティスをしていた35歳の時、ニューヨークでピラティス修行をしていた頃でした。指導者になる=養成コースに参加する、という今のパターンからするとちょっと意外かもしれませんが、私を指導者に育ててくれたスタジオは、日本の武道の世界のような感じでした。

まずは入門試験に合格して受け入れてもらうと、”弟子”としてスタジオに出入りする事が許されます。朝からスタジオに行って掃除や電話番をしながら、その日に予約が入っているセッションを見学し、どうクライアントに指導しているかを学びます。また、弟子同士、空いた時間に教え合ったりして学んだ事を身体に落とし込んでいく作業を見学時間と合わせて最低600時間過ごさなければ、指導者になるための試験を受ける事さえできませんでした。ピラティス漬けの毎日は夢のような日々であり、指導者になるための道の終盤ともなると、アドバンスのエクササイズを毎日のように繰り返すので、本当に強くはなりました。

でもある日、だんだん寸胴になっている自分の身体に気づき

「このまま同じように身体を使っていたら、ますます寸胴になってしまうのか?」「ピラティスもやりすぎは禁物か??」

・・・と、くびれがなくなる!ことによって、良い課題をもらいました。

(今現在、アラフィ世代の私の身体には以前より脂肪はついているものの(笑)クビレは復活しました!)

さて、ずん胴にならないカギ、それは「呼吸と肋骨」

ピラティスはよく胸式呼吸だと言われますし、私もかつてはそう指導したこともありました。でも今はあえてそこを強調して呼吸を指導することはしません。呼吸はムーブメントを促してくれる大切な役割があり、無視する事はできませんが、動きと切り離して、こうやって呼吸します~と教える事に今は疑問を覚えるからです。

ちなみに、弟子入りしたスタジオでピラティスの呼吸は胸式だと言われた事は一度もなく、”呼吸のためのエクササイズ”においては、どこで息を吸って吐くかを厳密に指導されましたが、それ以外は臨機応変に対応することができました。ただ、鼻呼吸が基本です。

(呼吸については、色々と思うことがありますが、またいつか。。。)

肋骨から腸骨についている沢山の筋肉や組織が固くなっている場合は、それを解きほぐしてあげる必要もあります。

そもそもクビレがある、なしの問題以上に、身体のどの部位でも動きがより固定された状態になっていたり、また、ロックされた(動きに制限がかかっているような)部位があるなら、それは解除して、動けるようにした方がいいです。
解除といっても、大袈裟なことではなく、ただ単にそこが動くことを忘れてしまっているだけという場合も多いように思います。

毎日のワークアウトには、アドバンスのエクササイズや、スーパーアドバンスのエクササイは、選んでいくつかだけをやるくらいでいいと私は思います。ピラティス界では強くて有名なインストラクターも、毎日のワークアウトはベーシックでも十分と言っていました。

「ベーシックとなるエクササイズでも、自分の身体を十分にトレーニングできることを分かってほしいわ。ちゃんとベーシックを日々行っていれば、アドバンスのエクササイズだって可能になるんだから。私はスーパーアドバンスのエクササイズを毎日やっているから強いんじゃないわ。」

と言っていたことが忘れられません。
私も同感です。

ベーシックと言っても、ベーシックと名のついた7つのマットエクササイズだけを毎日やっていれば、、、と受け止められては少し違いますが、それでもいわゆる基本中の基本といえる7つのマット・エクササイズには、全ての土台が入っていると本当に思います。

ピラティスをやればやるほどくびれがなくなっているのでは?と、心当たりがある方、吸った時の肋骨を広げた状態のままではないですか?一度しっかり吐き切って開いた肋骨が閉まって下に(足の側に)下がるような動きを確認してみてください。

いわゆる胸式呼吸で肋骨を広げて胸を張った姿勢を保持していて、日常生活もそのままだったら、呼吸の質まで下がってしまう可能性があります。

身体のどの部分も、固定しないように。しなやかに反応し、また軸に戻ることを繰り返すような身体でいましょう!

日本にピラティスが流行する前のこと ①

クラシカルピラティスインストラクターのJUNです。

今回はわたしがピラティスと出会った頃のお話です。

スポーツジムといったらプールがあるのは当たり前で、ゴールドジム※1がにわかに注目され始めてきたか、どうかの時代の話。
日本でフィットネスと言えばエアロビクス、そしてジムといえばマシンのトレーニングルーム、エクササイズスタジオ、そしてプールがあるのが主流でした。

その頃のジムのスタジオプラグラムは、エアロビクスが初級、中級・・などレベルやスタイルを変えて多く組み込まれており、その他、太極拳、バレエ、健康体操、ヨガといったラインナップ。プラス、スタジオのスタッフによるストレッチや筋トレのショートプログラムで構成されていたと記憶しています。

そこに、日本で初めてプール無しのジムをフランチャイズ展開する!と、スポーツ業界に新しい風を吹かせようとする動きがありました。
そして私は、その動きの始まりにいたのです。

この冬にやっていた森七菜主演のドラマ「この恋あたためますか」。私のピラティスとの出会いと重なる部分があって興味深く観ていました。そのドラマ主人公はアイドルグループをクビになり、夢破れてコンビニでアルバイトをしている。そこへ、働いているコンビニの社長が直々に、自身のコンビニスイーツ戦略の力になってほしいと主人公の女の子の前に現れ、彼女は社員として本社へと招き入れられる〜という展開です。

私は幼少の頃から舞台芸術に携わり、大学では演劇を専攻、その後劇団へ入団しましたがその程度の舞台しかありませんでした。なので、30歳になった年だったか舞台で生計を立てていくような人生をあきらめた時は、自分のアイデンティティを失い、自信喪失。慣れないスーツを着ての事務仕事、やればやるほど自分の出来なさを痛感し、アルバイトからでもいいから自分の経験が多少なりとも生かされる場を探していました。

そんな中で面接を受けたスポーツジム。アルバイトの面接で話をした社長。採用には、私の英語ができること、ダンスや舞台の経験があることが決め手となったようで、

「君には日本にピラティスを広める手伝いをしてもらいたいんだ。」

「???」

この時初めて、このジムの社長から、『ピラティス』という言葉を聞きました。

ジムトレーナーとしての研修は、チャックウィルソンが担当でした。新しいスタイルのスポーツジムがオープンの日をむかえ、ここから私のトレーナーとしての生活がスタートしたのです。

※1、日本では有限会社スィンク(現・株式会社THINKフィットネス)が米GOLD’S GYM FRANCHISING(GGF)社とフランチャイズ契約を締結し、1995年7月に日本第1号店「ゴールドジム イースト東京」をオープン。1998年にGGF社とマスターフランチャイズ契約(日本国内におけるフランチャイズ展開も含む)を締結。閉鎖した店舗の継承や、FCで全国に店舗拡大している。~ウィキペディアより

20年前のテラミス、そして現在。

「ピラティスのインストラクターなんです。」
「え?テラミス? 何それ?」
「あ~ なんかヨガみたいなやつでしょ?」

私、クラシカルピラティスインストラクターJunが2002年にピラティスを始めた頃は、いつもこんな会話から始まったものです。

あれから十数年。ピラティスの認知度も上がり、インストラクターも増え、スタジオも増え続けていますが、いまだに「ピラティスって何がいいの?!」という問いを投げかけられます。

私も18年前は同じように「なんだそれ?」から始まったピラティスも、出会ってもうすぐ20年。あっちを学び、こっちに学びを広げる度に、ピラティスの理解がま一つ、また一つと深まって、もちろんピラティスの指導に熱が入ることになっていき、そして現在もその繰り返しです。

そんな私なりの「ピラティスってなに?」を、自分の言葉で伝えて行きたいと思います。

さて。

一度やってみた人なら分かるかと思いますが、ピラティスを実際に体験すると「インストラクターの指示する事がいまいちピンとこない」「言っている事はもちろんわかるけれど、自分の身体で言われた通りに出来ているのかが不安。」という、いまひとつはっきりしない感覚を覚えることが多いかと思います。

そこで、具体的な動きを云々話す前に、ピラティスをする上でまず、一番大切なことは何か?についてから話を始めたいと思います。

身体全体は全ての部位がそれぞれ補い合い、生命が維持されることを優先しながら補いあっているという大前提があります。ここをやはり一番に踏まえておく必要があるポイントです。

現在、健康に関する情報は山ほどあって、それらの中には相反することを言っている場合も多く、混乱することもありますよね。そういう場合は大抵、身体をある一つの方向からしか見ていない場合が多いんじゃないかなと思ってます。

ピラティスの考案者、ジョセフ・ピラティスは動物や生き物の動きをよく観察し、そこから多くを学んだようですが、自然の本能というものを知るためには、人間以外の動物たちの動きは大変貴重な情報源だと納得します。
ピラティス氏の書いた書物を読むと、彼が単に運動だけを説いていたわけではないことに気づきます。彼は現代人の生き方そのものに警鐘を鳴らしていました。
子育てにも言及し、それは、本来人間がどう生きるべきかを知っているようでした。そんな彼が考案したエクサイズは、人間の命の仕組みを彼なりに理解し、43年間かけて形にしたものだと解釈しています。

インストラクターという立場の私は、目の前の人に対してエクササイズを選び動いてもらう際に大切にしていること。

それは、栄養療法で基本概念となっている「必要な栄養素を摂り入れて、後は身体に任せる」と同様に、身体にとって「必要なムーブメントをさせて、後は身体に任せる」ということ。

これはピラティス以外のどんな運動療法やセラピーをする上でも大切な事だと考えています。

どういうことかを食べることの方から説明すると、、

お肌のためにコラーゲンを摂る方がいますが、コラーゲンを口から摂取しても体内で分解されてアミノ酸に変わり、それが再びコラーゲンになるかどうかはわからないという事実があります。取り入れた栄養素が、生体内でどんな反応を起こすか、またその栄養素をどこに使うかは、身体がその時の身体の状態を把握して調整している。

私たちはまだ、体内で起こっている反応を全て網羅することはできず、身体の中で栄養がどう分解され、どう分配されるのかは、未だ人智が完璧に扱いきれるものではないのです。ところが、全ての臓器はあらかじめ宿っている知性があり、必要なものは必要なところに運ばれて吸収されていくのです。そして必要なものが体内に入ってこない時にはまた、化学物質を出したり、神経系の調整をしたりして維持に必要なことがなされています。最近では、神経伝達物質の理解も深まり、身体に指令を出しているのは脳だけでなく、身体の各部位全てが細胞のレベルで考えながら連携をとって生命維持という目的のために休むことなく働いていることが証明されています。

手技をつかった身体への様々なアプローチ、ムーブメントなどもやはり同じではないかと思うのです。こうすれば、こうなるだろうと仮説をたてて、処方し、反応を見て判断する。
これをエクササイズを入れたら、必ずこう返ってくる、という方程式は全員に当てはめることは出来ない。
もちろん、経験を積めばそれだけ多くのケースやパターンも見えてくるでしょう。でも、絶対はない。それを頭の片隅に必ず置いておく必要があると思うのです。

そんな前提を踏まえた上で、ピラティスのムーブメントに取り組んでいく時、限られた時間の中で何をまずしようか、どこから始めようか、どの動きは必ず必要だろう、最後はやはりこれを忘れてはいけないな、など思いを馳せることができるのです。

たとえ難病を抱え、散歩すら困難な人であっても、ピラティス氏の考案した様々な器具(いわゆるマシン)を用いていけば、生きていく上でどうしても維持していきたい力を”つけ続ける”ムーブメントをすることができるので、「セッションの後は動いて気持ちがよかった!」という声に繋がるんだろうなと思います。

どう身体が反応して、よりスッキリとし軽くなっていったのかを全ては説明できないけれど、スポーツジムに置いてある部位別に強化をするマシーンを、自分でどれをするか選び、プログラムし、トレーニングをした後の感じとは別物だと感じます。
もともと私はジムトレーナーからスタートし、ジムでマシーンの使い方を教えつつ、自らのトレーニングもしていた時期がありますから、その違いも実感しています。

ピラティスで得られる爽快感の理由は、内臓への配慮、疲労する手前で次のエクササイズに移るという配慮、主要な骨格筋を部位別に強化するのでなく、小さな忘れられがちな筋肉群や、筋膜、また深層にある組織を血管や神経も含んでいる組織として全てを取り扱おうとしているからではないかと思います。

人が生きていく上で、動き続けていく上で必要な身体の動かし方を知り、身につけて健康でいきいきとした毎日を送るツールとなるピラティス。

これは、ピラティスって何?のこたえの一つとして。

経験したことのあるみなさん、どうでしょうか。

20年前のようにテラミス、とは言われなくなりましたが、ティラピス、とはまだ言われます。「ティ」「ピ」の発語って難しいのかしら。