【ようのよむヨガ⑧】『短くて恐ろしいフィルの時代』

こんにちは、ヨガインストラクター/書店員の葉です。

7月はお休みいただいてしまったこのコーナーですが、今月は無事?戻ってきました。またぼちぼちと好きなものを好きなように紹介していきます。

 

今回ご紹介するのはジョージ・ソーンダーズ著、『短くて恐ろしいフィルの時代』(河出書房新社)です。最近文庫化されたばかりですが書かれたのは2005年。でも帯に書かれているとおり、本当に「今」を感じさせる作品です。

 

国民が一度に一人しか居ることのできないほど小さい「内ホーナー国」。その他の国民は「内ホーナー国」を取り囲む「外ホーナー国」に設置された、一時滞在ゾーンにひしめき合うように立ったまま、中に入る順番を待っている。そしてそれを外ホーナー国の人々(と言っても5名ほど)が、内心こけにしつつ眺めている、というのが物語の発端です。

設定からしてものすごくナンセンスですが、この調子で話はどんどん続いていきます。ある日、急に国土が縮んでしまった内ホーナー国、どうしでも現住人の体全体が国に収まりきらなくなってしまった内ホーナー国に対して、外ホーナー国市民であるフィルは、国境侵犯という問題の解決策に税を取り立てることを提案し、そこから彼は熱狂的なスピーチによって頭角を現していきます。

国民によって選ばれたはずの大統領には能力が無く、側近たちは先回りするように大統領のダメさを庇い(いわゆる忖度?)、しかしフィルというもっと分かりやすい代わりを見つけると、あっさり大統領を見捨てていく。マスコミは国の発表をセンセーショナルで解り易い見出しにし、それを大声で繰り返す。そして異議を感じた国民の声はかき消されてしまう…

不可抗力で国に居られなくなった(というか収まりきれなくなった…)人々に対して示すべきはまず思いやりであって、自国の土地利用代金を要求することではないはずで、私は入管での人権軽視による死亡事件や、難民、亡命者への日本政府の冷淡さを思い出しました。他にも今の社会状況と照らし合わせずにはいられないエピソードの数々。もしかしたら現状の方がすでによぼど不条理なのかもしれません。

 

誰かが将来この時代を振り返り、『長くて辻褄のあわない日本という時代』という物語を書いたりして…など、今の時代を表す仮タイトルを思わず想像してみるのでした。フィクションは私たちの想像力を刺激することで、解説書よりよほど強力なパワーを発揮することがありますが、まさにそういう作品だと思います。

**

 

今月はオタマに代わり、先輩オハギに登場してもらいました。特に意味は無く…オタマも相変わらず元気にしています。(推定1歳になりました)

【ようのよむヨガ⑦】短編小説集『むずかしい女たち』

こんにちは、ヨガインストラクター/書店員の葉です。

今回紹介する本も先月に続き短編集なのですが、フィクションとはいえ痛々しい描写やかなりきついエピソードが多く、紹介そのものを迷ったのですが……これもまた私の一部ではあるなと思い直して書いてみることにしました。ロクサーヌ・ゲイの短編小説集『むずかしい女たち』です。

私の頭の中身はアナーキストでありフェミニストという感じです。

こう書くと過激っぽいのかもしれませんが、普段クラスや仕事、日常生活で暴れまわったり喧嘩を売ったりしてはいないので安心してもらえると有り難いです。ものを考える時のベースがわりとそう、という意味です。

アナキズムは無政府な混乱状態を思い浮かべがちですが、そういうことではないです。かなりざっくり説明すると、中央集権的な政府や利益の追求のみを良しとする資本主義を代表とする強い権力が(強い権力、今の世の中だと男性中心の社会で偉い立場にいる人達、おじさん、おじいさん、その中で上手く動けた女性を主に指すと思いますが…)、周りから一方的にいろいろ吸い取っていく構造、それに頼った社会の仕組みを解体し、人の繋がりによって個人の自由と平等を求めつつ、地域を動かしていこうという考えです。実はわりと牧歌的な考えです。ただし、今の世の中の作りにあまり不満が無い場合、それをひっくり返したいという考えではあるので過激と言えるのかもしれません。

そしてそう考える過程で、さっきも触れた、男性を中心に置いて構成されている今の社会も作り直したいよなぁ…となると、男女同権を掲げるフェミニズムにも触れないわけにはいかなくなります。ネットでこのnoteを読んでいるということは、#MeTooを知らない方はほぼいないかと思います。海外でスタートした運動ですが、ネットのおかげもあって、日本にもフェミニズムの新しい流れが少し入ってきたのかな?という感じがします。

こういう動きに対して「日本は日本だ。これが日本の伝統社会だ。」という言い人たちもいますが、えーと、だったらその日本を変えればいいいじゃん?というのが私の考えです。自分をめんどくさい人間だなとは思いますが、今更どうにもならなりません。そして、そんな私が目にした瞬間にピンときたタイトル、それがロクサーヌ・ゲイの『むずかしい女たち』です。私の場合はむしろ「めんどくさい奴」なのですが。

収められたストーリーはDVや幼児への性的虐待、レイプなど、シリアスな主題のものが多く、身近と思うかどうかはその人次第だとは思いますが、私と同じ歳の著者が描いた物語の中に詰めこまれた、自分ひとりの力ではもうどうにもできないという「感覚」は、私にとっても馴染みのあるものでした。女に生まれたので、まともな社会参加を最初から諦めていたようなところが私にはあったので。この仕組みで頑張ってもあの辺りで止まるんだよねと思ったら、目線も姿勢も斜めになるしかなく、「だからって、私には特にどうにもできないよな」と思っていました。

誰にでもおすすめですというタイプの作品では全くないのですが、ぐっさりと刺さるものが好きな方は興味があればぜひ。同じ著者のものだと、『バッド・フェミニスト』はポップカルチャーを織り交ぜながら書かれたエッセイ集なので、こちらの方は楽しく読めるかもしれません。

という訳で、心身の両方の修養であるヨガですが、このように頭の中身が全然シャンティではない私なので、どこまでいっても、それこそ「バッド・ヨガティーチャー」なままなのかもしれません。ヨガ的には来世があると考えることもできますが、それはあまりにも遠く、皆さんにまた会えるとも限らないですし…

——

オタマは本を乗せた程度では怒りも起きもしない、飼い主よりシャンティなタイプに育ちました。

【ようのよむヨガ⑤】内臓とこころ

こんにちは、ヨガインストラクター/書店員の葉です。

緊急事態宣言が再び出されるだろう、というニュースを見ながらこれを書いています。

人間は高度に発達した生命である…と自分たちは思っていますが、今のような状態で1年経ち、宣言の内容を巡ってより効果的なものを実施することも難しそうな様子を見ていると、それって本当かな?という気がします……再び暗くてすみません…

さて!高度に発達したといえば前回紹介したタコです!

人間とは全く違う仕方で神経系、認知の方法を発達させた生物で、私が興味を持ったポイントがそこだったのですが、では人間はどんな風に?というところで私が面白いなと思ったのが三木成夫(みきしげお)の著作でした。

著作は多数ありますが、今回は手に入りやすそうな文庫『内臓とこころ』(河出書房新社)をご紹介します。

正直、時代を経てきて「それはどうなのよ?」と思うような表現や考え方もあるので、頭の中で抵抗も感じながら読んでいるというのが正直なところですが、人間が進化していく過程でどのように体を発達させ、何を捨て、退化させてきたのか、体の中に残っている進化の名残が、今の私たちの体の中でどのような働きを担い、影響を与えているのか、ということが興味深く書かれています。

講演や対談を書き起こしたテキストも多いせいか、科学者の著書というにはあまりにもエモーショナルで、完全に独自のワールドが展開されていると思いますが、そのせいもあって読み物としての面白さにもあふれています。

その後に”The Body in Motion”(Theodore Dimon, Jr.著)というアレクサンダー・テクニークのプラクティショナーの著書を紹介してもらったのですが、こちらも脊椎動物としての進化の過程で人間の体がどのように変化していったのかをベースに、骨格筋の仕組みと動きを理解しようというもので、『内臓とこころ』などを読んでいたおかげで、進化の過程による機能や形の変化という考えに抵抗無くなじむことができたと思います。

ヨガのポーズを実践することはヨガ全体から見れば実はほんの一部のことです。とはいえ、私が実際のところ行っているのはポーズの指導なので(呼吸やマインドへの働きかけも付随しているとはいえ)、体の実際的な機能や働き、役割についてはもちろん興味がつきないです。それと同時に、体や精神がここに到る過程に物語を感じられるような考え方に惹かれます。恐らく人間が進化の頂点でもなんでもなく、ただ生き物の一種であると感じられることで、ある種気持ちが解放されているのかもしれません。

***

ところで、猫たちは完全に独自進化を遂げたと思います。

【ようのよむヨガ④】タコの知性

こんにちは、ヨガインストラクター/書店員の葉です。

これを書いている今、外は嵐のような雨と風です。

日本では重要な立場にいる人たちが女性蔑視、容姿蔑視発言をし、アメリカではコロナウイルスのパンデミックに端を発した、アジア人蔑視が大量殺人事件にまで発展しました。

他者を蔑まずにいられないなんて、人間とは何なんだろう…という気持ちです。困難や違いを乗り越え、社会は次第に良いものになる、と思っていたのですが…なかなか難しいようです。

 

外のお天気同様、どーんより…始まった今回のよむヨガですが、

紹介するのは、池田譲 著『タコの知性 その感覚と思考』(朝日新聞出版)です。

これまでは、以前からの好きな本を紹介してきたのですが、今回は新しく読んだ本をチョイスしてみました。

ところで、私は本だけでなく、映画やドラマもかなり好きなのですが、こういう「…人間シンジラレナイ」みたいな気分の時に見たい作品、それが『オクトパスの神秘 海の賢者は語る』というドキュメンタリーです。

先日、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、タコの知性や好奇心、人間との交流に驚かされる作品で、今はNetflixで観ることができます。原題は”My Octopus Teacher”、『わたしのタコの先生』。この中に登場するタコは、自分の姿を通して生きることについて教えてくれるような存在でした。

これを観て以来、タコという生き物が気になって仕方がなく、私もタコと友だちになりたい!などと思っているのですが、そんな時に出会ったのがこの本です。

あの映画で見た、タコの行動の仕組みを知ることができるのは?とすぐに購入しました。タコにも人間と同じく脳はあるのですが、「腕で考える動物」と言われるほど、脳よりも、腕にある情報伝達装置の方が多い生き物で、人間とは全く違う仕組みで世界を理解し、高い知能と認知力、好奇心を持ちながら、とても短命で、繁殖を終えると1年程度で一生を終えるものが多いです。

人間のわたしから見ると、もっと長命であれば、それだけの知性で成し遂げられることも多いのでは?と、その短さに驚かされるのですが、時間の長さ、短さも人間が人間界のルール、概念として設定したものです。

シンプルに、でも好奇心を持って独りで一生を生き切る様子には、日々迷いを抱いてうろうろと生きる人間としては、思わず憧れを抱いてしまいます。

実はもう一冊『タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源』(みすず書房)という本も購入して、こちらはまだ積んだままなのですが…いつか、ここで紹介できたらいいなと思っていますが、ヨガではなく、タコの話ばかりそんなに要らないですかね…

ところで「積ん読」という言葉ですが、海外でも積ん読の概念はありつつ、しかしぴったりくる言葉が無かったためtsundokuとして紹介され、そのまま使われ始めているようです。

*****

写真は上から2番目、下からも2番目、真ん中の子、オハギと、末っ子オタマです。無理やり登場してもらったので、「何でそこに置くの?」と顔に出てしまっています…

【ようのよむヨガ③】痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養

痛くない体のつくり方

ヨガインストラクター/書店員の葉です。

こんにちは、こんばんは、…おはようございます?

いろいろなタイミングでご覧になっている皆さんがいるのかな、と思います。

今回ご紹介する本は、臨床家/鍼灸師の若林理砂さんの『痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養』です。

私はアシュタンガヨガという主にアーサナ、いわゆるポーズに重点を置いた、ヨガの中では割と“ハード”と言われるものを練習してきました。

以前は正式指導者のクラスでアシスタントをしていたこともあって、平日は毎日早朝から、相当な気合を入れて頑張って練習してました。

私は逆立ちしたり、ジャンプしたりも好きですし、やったことのない姿勢、ポーズに挑むのはとても楽しく、(ヨガ的にこの「挑む」って態度はどうなのかな?という謎はちょっと置いておいて…)今、体を動かせている基礎を作ってくれた、よい時期だったと思います。

それと同時に、慢性的に膝が痛いなどの今の不調の原因にもなっている時期だった、と思います。

それは自分自身、身体についての知識が不足していたことや、身体的、心理的知識について通常の練習ではほぼ言及しない、むしろほとんど喋らないアシュタンガヨガの指導スタイルのせいもあるんだろうな?と思うのですが、

一番の大きな原因は自分の考え方にあったと思います。

大小の痛みが常にあり、でもそれは難しいポーズを練習しているのだから当たり前!そして「あまり大きなケガはしたことがない。」と当時の私はよく言っていて、実際、自分の状態は大したことがないと思っていましたが、思い返してみれば、練習中のケガが原因で何度か病院や治療院にも行きました。

誤解しないで欲しいのは、「アシュタンガヨガが原因でそうなった」ではなく、

私自身が、練習を通して心身に痛みが生まれていることを、事実として受け入れなかったことが原因だろうな、ということです。

周囲の雰囲気や自分の練習への執着心は脇に置いておいて、

他の誰でもない、自分の体や感覚が発しているシグナルをキャッチするべきだということです。

前置きが長くなりましたが…

『痛くない体のつくり方』の第一章のタイトルは、

『なぜあなたは「痛み」を無視するのか?』です。

まさに私…というわけで、タイトルを見た瞬間に「これだ」と思ったのがこの本です。

鍼灸師の方が書かれた本なので、ぎっくり腰や胃痛などの急な痛みや、肩こりや頭痛など慢性的な不調への、ペットボトルや爪楊枝を使った簡易な鍼灸的対処法も書かれていて、そういった意味でもとても役立ちますし、

何より、【本格的に痛くなってしまい治療に行かねばならない】

そのような状態が来ないための、普段の取り組みがメインテーマとして書かれています。

鍼灸といえば東洋医学ですが、それだけではなく、急性のケガにはいわゆるベーシックな応急処置であるRICE処置、食べ物は厚労省・農水省推奨の食事バランスガイドを用いるなど、

…正直、とても普通で、身も蓋もないです…

ですが、この本の魅力はこういった身も蓋もなさだと思います。

魔法のような鍼灸のワザで心身が一気に快調になることはなく、サブタイトルにあるよう、普段の「姿勢、運動、食事、休養」が快適に暮らしていける体を維持してくれると、明るくサバサバと書いてあります。

あまりにも普通過ぎて、むしろ耳の痛いことばかりです。今まさに、ものすごく悪い姿勢でこれを書いてますし…

さて、ここまで紹介してきてなんなのですが、

この本そのものは品切れで、在庫は書店にある限りだと思います。ただし基本、若林理砂さんの言っていることはいつも同じなので(いい意味で!!)書店にあるもののタイトルと目次を見て、ピンときたらどの本でも役立つと思います。

*****

写真の保護猫オタマ、かなり大きくなりました。

最近の趣味は大事な書類を噛みちぎる、などです。