【ようのよむヨガ⑥】短編;息吹

こんにちは、ヨガインストラクター/書店員の葉です。

今回は、かなりルール違反ですが、まだ読んでいる途中の作品を紹介してしまいます!とはいえ短編集なので、その中の読み終わった物語についてです。

紹介する作品は短編『息吹』、それが収められた書籍のタイトルも『息吹』で、SF/ファンタジー作家テッド・チャンの作品です。以前も書きましたが、私は映画も好きで、この作家についても映画を通して知りました。
『メッセージ』という、ものすごく雑な説明をしてしまうと『未知との遭遇』のようなSF作品がありますが、その原作となったネビュラ賞、ヒューゴー賞受賞作『あなたの人生の物語』を書いた人です。映画と原作は重要なポイントが違っているのですが、それぞれに素敵な作品だと思います。映画『メッセージ』は、宇宙船やヘプタボッドと呼ばれる生物の造形、その生物たちが使う未知の言語とその文字など、音と映像によって映画ならではの表現が興味深く、私はとても好きな作品の一つです。

 

そして『息吹』ですが、物語の最後に辿り着く、絶望、諦め、自分がここに存在するという奇跡への感謝、会ったことのない他者への希望、そういったものが完璧に入り混じったメッセージと、そこから受けるインパクトにしばらく呆然としてしまいました。今もその時の感覚が自分の中に残ったままです。なんだか、すごく大げさな書き方をしていますが…この短い文章作品の中に、これだけのものが詰めこまれていて、物語、ストーリーを描くことの意味がこれでもかと伝わる感じでした。さらに大げさになってます…

特にネタバレがどうという物語でもない、と私は思うので書いてしまいますが(少しでも嫌!という人はここで終了してください)、

地球と少し似ている、でも人間とは全く違う仕組みで動いている生命体の生活と、その世界が避けようもない最後を迎えるというものです。この中で起きていることは、今私たち人間が地球に住んでいる状況とかなり似ていて、このままではここに住める環境ではなくなることが解ってはいるものの、即効性のある解決法が見つからないまま、どんどん時間が過ぎていきます。

避けようのない滅亡に対して主人公は素晴らしい解釈をし、他の存在たちに向かってポジティブとも言えるメッセージを残すのですが、果たして人間もこのように美しく、ある種、潔い結論に至れるものなのだろうか?と考え込んでしまいました。

この物語の生命体の身体は金属で構成されていて、地球の生命体のような有機的、オーガニックな存在ではないので、終末もシンプルな「静止」として迎えられるようです。ですが、有機的な仕組みの中で生きる、有機的な生命である私たちが環境の危機を迎える場合、住環境の悪化や飢えなど、もっと生々しい状況を通ることが想像できるからです。

他の作品もとてもスマートに書かれていて、気持ちの悪い、落ち着かない結末は今のところありませんが、それでも読み終えるとぐるぐると考えてしまう作品が多く、そういうのが好きな方にはおすすめです。私は好きです。

***

写真はSFっぽく?ディバイスの中の小説を撮ってみました。

この中に本が何冊も入っているなんて、子供の頃、家のテレビが白黒だった人間から見るとすごいことです、ほんと。

【ようのよむヨガ③】痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養

痛くない体のつくり方

ヨガインストラクター/書店員の葉です。

こんにちは、こんばんは、…おはようございます?

いろいろなタイミングでご覧になっている皆さんがいるのかな、と思います。

今回ご紹介する本は、臨床家/鍼灸師の若林理砂さんの『痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養』です。

私はアシュタンガヨガという主にアーサナ、いわゆるポーズに重点を置いた、ヨガの中では割と“ハード”と言われるものを練習してきました。

以前は正式指導者のクラスでアシスタントをしていたこともあって、平日は毎日早朝から、相当な気合を入れて頑張って練習してました。

私は逆立ちしたり、ジャンプしたりも好きですし、やったことのない姿勢、ポーズに挑むのはとても楽しく、(ヨガ的にこの「挑む」って態度はどうなのかな?という謎はちょっと置いておいて…)今、体を動かせている基礎を作ってくれた、よい時期だったと思います。

それと同時に、慢性的に膝が痛いなどの今の不調の原因にもなっている時期だった、と思います。

それは自分自身、身体についての知識が不足していたことや、身体的、心理的知識について通常の練習ではほぼ言及しない、むしろほとんど喋らないアシュタンガヨガの指導スタイルのせいもあるんだろうな?と思うのですが、

一番の大きな原因は自分の考え方にあったと思います。

大小の痛みが常にあり、でもそれは難しいポーズを練習しているのだから当たり前!そして「あまり大きなケガはしたことがない。」と当時の私はよく言っていて、実際、自分の状態は大したことがないと思っていましたが、思い返してみれば、練習中のケガが原因で何度か病院や治療院にも行きました。

誤解しないで欲しいのは、「アシュタンガヨガが原因でそうなった」ではなく、

私自身が、練習を通して心身に痛みが生まれていることを、事実として受け入れなかったことが原因だろうな、ということです。

周囲の雰囲気や自分の練習への執着心は脇に置いておいて、

他の誰でもない、自分の体や感覚が発しているシグナルをキャッチするべきだということです。

前置きが長くなりましたが…

『痛くない体のつくり方』の第一章のタイトルは、

『なぜあなたは「痛み」を無視するのか?』です。

まさに私…というわけで、タイトルを見た瞬間に「これだ」と思ったのがこの本です。

鍼灸師の方が書かれた本なので、ぎっくり腰や胃痛などの急な痛みや、肩こりや頭痛など慢性的な不調への、ペットボトルや爪楊枝を使った簡易な鍼灸的対処法も書かれていて、そういった意味でもとても役立ちますし、

何より、【本格的に痛くなってしまい治療に行かねばならない】

そのような状態が来ないための、普段の取り組みがメインテーマとして書かれています。

鍼灸といえば東洋医学ですが、それだけではなく、急性のケガにはいわゆるベーシックな応急処置であるRICE処置、食べ物は厚労省・農水省推奨の食事バランスガイドを用いるなど、

…正直、とても普通で、身も蓋もないです…

ですが、この本の魅力はこういった身も蓋もなさだと思います。

魔法のような鍼灸のワザで心身が一気に快調になることはなく、サブタイトルにあるよう、普段の「姿勢、運動、食事、休養」が快適に暮らしていける体を維持してくれると、明るくサバサバと書いてあります。

あまりにも普通過ぎて、むしろ耳の痛いことばかりです。今まさに、ものすごく悪い姿勢でこれを書いてますし…

さて、ここまで紹介してきてなんなのですが、

この本そのものは品切れで、在庫は書店にある限りだと思います。ただし基本、若林理砂さんの言っていることはいつも同じなので(いい意味で!!)書店にあるもののタイトルと目次を見て、ピンときたらどの本でも役立つと思います。

*****

写真の保護猫オタマ、かなり大きくなりました。

最近の趣味は大事な書類を噛みちぎる、などです。

ようのよむヨガ②『世界の中にありながら世界に属さない』

世界の中にありながら世界に属さない

みなさん、こんにちは。ヨガインストラクター/書店員の葉です。

読むヨガシリーズ

(→ようのよむヨガ①「12星座」はこちらからご覧ください。)

今回ご紹介するのは吉福伸逸さんの『世界の中にありながら世界に属さない』(サンガ/出版社)です。

かつてレコードやCDをお店で買う時に「ジャケ買い」という言葉がありました。

音楽は配信がメインになりましたが、今も使いますか…?

ジャンル、ミュージシャン、バンドなど内容を何も知らずに、ジャケット、アートワークに惹かれて買ってしまうことで、雑誌や本だとデザインや装丁買いということもあると思いますが、

この本の場合は「タイトル買い」でした。

読み進める中で、このタイトルはスーフィーの言葉だということがわかります。

スーフィーとはスーフィズム、イスラム教の神秘主義哲学の修行者のことで、白いローブでくるくると回る旋回舞踏がよく知られていると思います。

私は映画『落下の王国』に登場する舞踏のシーンがとても印象に残っています。

…タイトルだけでこの広がりと繋がり…

私にとって本や映画の楽しさはこういうところにもあります。

ともかく…

吉福伸逸さんはカウンターカルチャーや心理学書籍などの翻訳者、そして何より、心理セラピストとして知られた方のようでした。

「のよう」というのも、

亡くなられた後にこの本が発売されたことで、私は著者の吉福さんのことを知ったからです。

その後、書店での仕事の一つ、発行していたフリーペーパー上のインタビューで、吉福さんのお弟子さんの一人(とご紹介してよいと思うのですが)、カウンセラーの向後善之さんにお話をうかがう機会を得たりと、実はこの本には個人的な思い出もあります。

(インタビューはこちら→ エッジを超えて向後善之 / 臨床心理士” )

このタイトルの言葉は本当に心に引っかかる言葉で、

自分にも確かにそういう部分があるのではないかと感じて、私はこの本を手に取ったのではないかと思います。

例えば、自分の一部に当てはめてみると。

ヨガの世界の中にありながら、ヨガの世界に属していない…などです。

私はヨガをしたいので、ヨガの世界にあることは間違いないのですが、じゃあヨガの世界、業界の住人になりたいのかというと、そういうわけではないです。

とはいえ、ヨガを通して友人や素敵な人たちに出会え、それは本当に有難いことで、でも属していないなら、誰とも関わらず黙々と修行したいのか?いや、まさか…などなど、

面倒な性格なので、いつもそのような自問自答をしていますが、そういう時にぱらぱらと読み返しているのがこの本です。

内容はなかなか厳しく、私はセラピストやカウンセラーでもなく、心理学もよく知らないので、理解できない部分が実は多いですが、

自分は世界にいる、でもそこには縛られない、

その2つを同時に励ましてくれる言葉の数々には気持ちが解放されます。

・・・

今回の写真は紙の本が見あたらずKindleの表紙、そして去勢手術を受けたばかりでエリザベスカラー生活のオタマに再登場してもらいました。

ようのよむヨガ 『12星座』

こちらでははじめましての「ようのよむヨガ」。
ヨガインストラクター/書店員の葉さんが担当します。葉さん目線のヨガ的な1冊をご紹介致します。
Instagram動画でスタートしましたが、今回からはテキスト版となり、noteにて復活しました。(トシエ)

・・・・・・

こんにちは。ヨガインストラクター/書店員のヨウです。

今日ご紹介するのは石井ゆかりさんの『12星座』。

石井ゆかりさんは毎年発行される星座別占星術の本や、毎週更新される「筋トレ」と題されたウェブ上の週刊占いで有名なライターです。

しかし、正直、占いは全く信じていない私です…

朝の占いなんかがありますが、あれが一位でも最下位でも、その時はうわっと思って、30秒後にはすでに忘れているような有様です。

その私がなぜ石井ゆかりさんの、しかも星座の本を紹介するかというと、それは石井ゆかりさんの書く文章が好きだからに尽きます。

人に何かメッセージを伝えるというのが占星術を行う人のすることだと思いますが、その時の相手との距離感がとても心地よく、きっと、普段もそうやって人と接してきた人なのだろうなと感じます。寄り添いつつも、断定はせず、物語るように示してみせる…

それと私はインドなどの神話が好きなのですが、西洋占星術はローマ、ギリシャ神話のキャラクターやエピソードと関連が深く、石井さんはそういった神話に基づく部分をとても興味深く読ませてくれます。

そしてこの本、『12星座』では、全ての星座の持つ特色がひとつひとつ物語として語られていると同時に、それが12星座でひとまわり、円環する大きなストーリーにもなっています。星座をベースに人間の普遍的な成長の過程も描かれているような気もします。

ちなみに、私は双子座です。この中で描かれている双子座の物語がとても好きで、たびたび励まされもするので、だから余計にこの本が好きなのかもしれません。

・・・・

さて、写真の猫はSUGATA青山とお隣パチョッコーネの隙間で鳴いていた子です。(2020年10月のことでした)

ご近所方に無事保護してもらい、その後小玉=オタマと名付けられて、うちで元気にしています。今回はご報告がてら無理に登場してもらいました!