ようのよむヨガ 『12星座』

こちらでははじめましての「ようのよむヨガ」。
ヨガインストラクター/書店員の葉さんが担当します。葉さん目線のヨガ的な1冊をご紹介致します。
Instagram動画でスタートしましたが、今回からはテキスト版となり、noteにて復活しました。(トシエ)

・・・・・・

こんにちは。ヨガインストラクター/書店員のヨウです。

今日ご紹介するのは石井ゆかりさんの『12星座』。

石井ゆかりさんは毎年発行される星座別占星術の本や、毎週更新される「筋トレ」と題されたウェブ上の週刊占いで有名なライターです。

しかし、正直、占いは全く信じていない私です…

朝の占いなんかがありますが、あれが一位でも最下位でも、その時はうわっと思って、30秒後にはすでに忘れているような有様です。

その私がなぜ石井ゆかりさんの、しかも星座の本を紹介するかというと、それは石井ゆかりさんの書く文章が好きだからに尽きます。

人に何かメッセージを伝えるというのが占星術を行う人のすることだと思いますが、その時の相手との距離感がとても心地よく、きっと、普段もそうやって人と接してきた人なのだろうなと感じます。寄り添いつつも、断定はせず、物語るように示してみせる…

それと私はインドなどの神話が好きなのですが、西洋占星術はローマ、ギリシャ神話のキャラクターやエピソードと関連が深く、石井さんはそういった神話に基づく部分をとても興味深く読ませてくれます。

そしてこの本、『12星座』では、全ての星座の持つ特色がひとつひとつ物語として語られていると同時に、それが12星座でひとまわり、円環する大きなストーリーにもなっています。星座をベースに人間の普遍的な成長の過程も描かれているような気もします。

ちなみに、私は双子座です。この中で描かれている双子座の物語がとても好きで、たびたび励まされもするので、だから余計にこの本が好きなのかもしれません。

・・・・

さて、写真の猫はSUGATA青山とお隣パチョッコーネの隙間で鳴いていた子です。(2020年10月のことでした)

ご近所方に無事保護してもらい、その後小玉=オタマと名付けられて、うちで元気にしています。今回はご報告がてら無理に登場してもらいました!